AX

カテゴリ:音楽とかライブとか( 2 )

 

2007/12/14 NHKホール 矢野顕子 さとがえるコンサート

こんにちはー。
すみませんまた日が空いてしまいました。

いや、ライブレポをどう書こうかなと考えていたら。
ただでさえ書こうとしてるライブレポが3つぐらいあって、ぜんぜん書けてないありさまだし(汗)

このまんまだと絶対まずいので、もう意を決して、一番新しいのを書きます。

矢野顕子さん。
レイ・ハラカミさんという方とユニットを組んで、数年前から活動されていて、Rock in Japanにもおととしと去年出演なさってたりしたのですが(残念ながら行けなかったんですが)
この夏に"yanokami"というアルバムをリリースされまして。
なーんとなく買ってみたんですが、これがもうヤバイ。
ライブあったらいきてー!!!と思ってたんですが、京大かどっかであったのは気がつけば完売で行けず・・・だったのですが、
この1つ前に行ったライブで配布されていたチラシにこの「さとがえるコンサート」のビラがあり、
なんとyanokamiが出る!!!!!
ということで、即チケットをゲットしたのでした。

そのとき一緒に行った母にも「一緒に見に行こうよ」と誘ったのですが、あまりに気乗りしない(どころかバカにしたような返事だったので(あわわわわ))一人で行ったわけですが。

で。
まず結論から書くと。

すげーよかった。yanokamiにしても矢野さんにしても、このステージ見ないのは大損。

矢野顕子さん、こんなもう、熱いとしか言いようがない、熱が固まって膨らんで爆発してまた固まって・・・を延々と繰り返すようなプレイやステージを30年以上やってきたんですよね。
よくも今まで消し炭にならなかったものです。

あのふわふわした歌い方や、
「あったか~いクリームシチューたべよ~~♪」なんて歌詞にだまされますが、
その実、テンションはミッシェル・ガン・エレファントやナンバーガール、って解散したバンドですみませんが、あのあたりのギリギリのギターロックにも匹敵しますよね。

さて。
まずは前座、とハラカミさんはおっしゃってましたが、yanokamiから。
いや、僕はこっち目当てで来たんですが。

・レイ・ハラカミによるイントロ
・おおきいあい(英語版!!)
・Too Good to Be True(これまた英語)
・モントーク(新曲)
・Night Train Home(これは日本語)
・Full Bloom
・You Showed Me
・ばらの花(くるり/レイ・ハラカミによるリミックス)
・気球にのって(英語版)

「おおきいあい」に始まって「気球にのって」で終わる点は今年のRock inと一緒だったのかな?
"yanokami"の収録曲から、本来日本語の曲から3曲が、英語で歌われたのが一番大きな違いでした。
というのも、MCでいわく、来年の春に"yanokami"を英語で歌いなおしたアルバムが出るんだそうです。

矢野顕子さんも、レイ・ハラカミさんも、僕はライブを始めて見るのですが、
MC長いですね^^;篠原美也子さん並に^^;;;
それも。美也子さんのオールナイトニッポンで叩き上げられたマシンガントークに似てるならまだしも、
ぼそぼそ、ぼそぼそがピアノのアドリブ伴奏に乗せて断続的に続くんです(汗)
レイ・ハラカミさんとの掛け合いも、なんかおっかなびっくりというか、話すことないのに無理やり話してる感じで、
そこへきて矢野さんが「まあこんな、かみ合わない私たちですが」ってわざとやってるだろ(-_-);みたいな。
でもいざ演奏に入ると二人とも水を得た魚のように跳ねる撥ねる刎ねる!!
ハラカミさんはあらかじめ録音したトラックを流すだけかと思えば、あちこちのツマミをむちゃくちゃ忙しく、かつリズミカルに回してるし。
一番の見所は、矢野さんもハラカミさんも、最後のフィニッシュをかっこよく決めるんです。
「最後の一音まで手を抜かないっ!」と主張するかのように。"Too Good to Be True"の最後は特に良かった。

後ろで流されていた映像も良かったです。基本的にPV等いらない派なんですが。
"Full Bloom"の、枝に若葉だけがちらほらと生えるだけで時間の半分が過ぎるアニメは曲調とすごくぴったりで。このジラしが醍醐味なんだよなー。
後半になると、タイトル通りいきなり花が咲き乱れます。

「矢野さんが飽きたらそれまでですから」などと不遜なハラカミさんのMCに続いてラスト「気球にのって」
CD同様後奏の長いところがすっごくいいよぉぉぉ~~。このまま終わって欲しくないよぉぉぉぉぉ~~~~(TOT)

矢野さんの方は、ほとんど曲を知らないんですが、知ってるのだけ書くと、
・相合傘(はっぴいえんど)
・すばらしい日々(ユニコーン)
・ごはんができたよ

・・・あ。これだけか(^_^;
他にも、山下達郎さんや、エルレガーデン(!)のカバーも歌ってました。
でも全然問題ありませんでした。全ていいプレイでした。
「ごはんができたよ」は、題名だけ知ってたんですが。アンコール1曲目でいきなり「ごはんができたよー♪」と歌われたので、ああこれがこの曲か。と。
その歌いだしのところでいきなり拍手が沸いたので、ファンからもっとも愛されている一曲なんだなということもわかりました。

「このつぎは、yanokamiかも知れないし、ソロかもしれない。(今日は来てないけど)バンドかもしれない」
と、矢野さんはMCでおっしゃってましたが、
ぜひ次もyanokamiで来て下さい。絶対見に行きます。
[PR]

by maple-spica | 2007-12-17 08:52 | 音楽とかライブとか  

涙流してりゃ悲しいか 心なんて一生不安さ

辛い事ばかりで
心も枯れて
諦める事にも慣れて
したい事もなくて
する気も無いなら
無理して生きてる事も無い

明日を落としても 誰も
拾ってくれないよ それでいいよ
syrup16g「明日を落としても」


本気出してないまま終了です
後はほうきで掃いて捨てる
それをどうして悲しいという
syrup16g「無効の日」


抱きまくら
抱きまくら
抱えて眠れ
syrup16g「末期症状」


syrup16g解散

うっそぉ・・・
いつからこのニュース挙がってたんだろ。

アルバム全部そろえてないし、
先日のなんばhatchライブも全然チェックしてなかったへたれリスナーですが。

それでも。



あなた方の歌う歌はとても衝撃だったし、
何より救われました。



と、
言わせてください。

あなた方が歌うような歌は、僕が知らないだけで、他にもいっぱいあるのでしょうか?
何かイメージできないです。これからあなた方のような歌が出てくることも。

お疲れ様でした。
ラストアルバム必ず買います。
武道館もチケット取りたいです。「絶対行きます!!」まで言えないのがやはりヘタレですが。


諦めないほうが 奇跡にもっと 近づくように
syrup16g「翌日」

[PR]

by maple-spica | 2007-12-11 08:17 | 音楽とかライブとか