AX

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

GOING UNDER GROUND 石原 聡 様

お誕生日おめでとうございます。

やっとマイブログからゴーイングのメンバーに「お誕生日おめでとう」を言える機会が持てました。

初めてゴーイングを見たのは4年ほど前のバナナホール、In the Soupの対バンとしてでした。
ちょっと変な形の、でもスターが着るスーツのように真っ白なベースがとても印象的でした(何そのたとえ^^;)
今でもずっとそのベースをステージで見られるのが何となくうれしいです。

「ホーム」のレコ発だったか、その次のツアーだったか、かの「タッシ合唱団」でステージに上げて頂いたときに、石原さんがこちらを向いて笑って下さったのを、いまでも忘れていません。

「ハートビート」が発売されたとき、素生さんが大阪のラジオ局で番組を持っていたのですが、その番組の中で「初めて石原がボーカルに挑戦しました。是非聴いてください」と熱心に推してらっしゃったことも・・・

あ、過去の話はいいですか? ^^;

"with you"という先日発売のベスト盤の題名をバンド名につけてらっしゃるのはなんとなく耳にしていましたが、ボーカル主体の非電源志向のユニットなんですかね?
河野パークさんの記事も拝見しましたが、雷雨に打たれた以外はとても楽しくプレイできたようで、何よりです。

OTODAMAにもいらっしゃってたんですね・・・
ごめんなさい。僕のライブ鑑賞日程のちょうど谷間で、行く機会を逸してしまいました。うあぁ。

次のゴーイングは月末のロックロック@Zepp Osakaで、こちらは"with you"ではないんですよね。
ただ・・・会社に定時までいると絶対に間に合いません(T_T)
もし最初の一発目だったら、完全に聞き逃すと思います。その時はごめんなさいm(__)m ボクモカナシインデス・・・

ライブは基本的に夏と冬の年2回しかお伺いできませんが、
(というかグレイプバインとのジョイント大阪でもやって下さい(泣))
これからも僕の心に涼しい風を持ってきてください。
[PR]

by maple-spica | 2006-08-14 23:08 | GOING UNDER GROUND  

結局、何の話題でしょう?

そんなエントリなら書くな ←ご挨拶

hopstepさんにトラックバック。
たまに見せていただいている、スピッツやGOING UNDER GROUND中心のブログなんですが、
ここの管理人さんが先日京都にいらしてくださったみたいで。

#あ、当方、大阪勤務の京都在住です。

京都を気に入ってくださったようでうれしかったので、
アップしてくださった写真のお返しを考えてみました。
気に入っていただけるかどうか。

では・・・
[PR]

by maple-spica | 2006-08-12 21:34 | お写真  

ここらで

ここら辺ですこし、私の最近の余暇を手伝ってくださる方々にご挨拶してていただこうかなと思います。
・・・と言っても、人ではないのですが。

c0082219_1154996.jpg


どーん、と3兄弟がひしめき合ってるような感じで。

私が一眼レフに触ってみたいと思い、実際に買ったのが6月の上旬です。
そのときに買ったのが、真ん中奥におわしますCANONのEOS KISS DIGITAL Nと、
向かって左側にいるEF50mm F1.8 IIでした。
本当は、カメラを買う前には「フィルムがいいなあ」と思ってて、どうせ買うのなら少しいいのにしようと EOS 7s を買うつもりでした。
ところが店員さんから「フィルムはボディは安いけど経費がかさみますよ〜」などとほだされ、結局お店を出るときに持っていたのがKISS DIGITAL Nでした。
#ほんとこの、人に何か言われただけで考えが変わるのは何とかしたいのですが・・・
まあでも、デジタルにして良かったです。部屋の中にある物を「これをこんな風に撮ったらどうなるんだろ〜」というのをすぐに試せて、すぐに画像ファイルにできますから。
EF50mm F1.8 IIは、前々から高い評判を聞いていて、絶対にほしいと思っていた物でした。
逆光にごく弱いとか、マニュアルフォーカスがとても不便とかは確かにあるのですが、9980円で買った割には、撮影条件をちゃんと整えてあげればとてもシャープな画像がとれることがわかり、使っていて楽しいです。
長崎の参加券のエントリの写真(紫色のチケット)、それから、夏休みきっぷのポスターは、これで撮りました。

えーと、その次に買ったのが、向かって右端にいるEF20mm F2.8 USMです。
三重県の赤目四十八滝を50mm1つだけで撮りに行ったときに、「滝が全部ちゃんと収まる画角のがほしいな」とおもって、ほぼそれだけを動機に買ったような感じです。
ところが・・・広角ってなんとなく「大きい物を離れて撮る」ものだと思っていたんですが、実際には「被写体にぐっと近づく」のが基本であると言うことなんですね。調べてみたら。
それにくわえ、50mmと違ってかなり極端な遠近感も手伝って、「かなり難しい!」ということになってしまいました。
決して広角でなければ簡単、ではないのですが・・・でもやっぱり特に広角が難しい印象です。
難しい難しいと言っていても上手にはならないので、積極的に使っていきたいレンズです。
(高かったのもあるし^^;)

最後に、真ん中の、KISS DIGITAL Nにくっついてるレンズ・・・これ、サードパーティのレンズメーカー、SIGMA社の70mm F2.8 EX DG MACROと言うレンズで、
実は、発売日(7/29)早々にヨドバシ梅田で買ってきました^o^
(というか、ヨドバシ以外のお店では売っていませんでした)
(今現在も、ヨドバシ以外は要取り寄せみたいな感じです)
いろんなホームページのお花の写真を見て、やっぱりマクロがほしくなったとか、広角がやっぱり難しくて挫折したとか、いろんな説が飛び交っていますが(ぇ
全解放(F2.8)でもなかなかシャープに写る、良いレンズだと思います。
ただ、赤かぶりがしやすいのかな、というところがかなり気になりますが・・・
一つ下のエントリのいろんなポスターは、すべてこのレンズで撮っています。
マクロのうまみがない題材なのが何なのですが、いかがなものでしょうか?

今週末に行ってきます長崎旅行をはじめ、今後もこの3兄弟にお世話になります。
よろしくお願いします。

#それにしても、買った順から言えばEF50mm F1.8 IIがいちばんお兄さんのはずなのに、
#サイズからすれば、一番末っ子なんですよね・・・
[PR]

by maple-spica | 2006-08-03 01:47 | お写真