AX

タグ:Rollei Retro 400 ( 1 ) タグの人気記事

 

ごめんなさい。見くびってました。

c0082219_22555266.jpg
c0082219_2256467.jpgc0082219_22561646.jpg
c0082219_22562561.jpg


大阪の堺市という所に、大泉緑地という植物公園がありまして、
そこで撮ってきた写真です。
今はフィルム現像モードなので、白黒が多くなると思いますが、
カラーの写真も入れていく予定です。そろそろ紅葉でもあるし。

いい写真がとれるようにがんばっていきますので、ご覧下さればうれしいです。

ところで、いつの間にか画像容量が30MBから1GBに増えてます。
夏前は画像サーバの不調があって、別サイトに退避させていましたが、また直に貼っていこうと思います。
やっぱり、この方が僕も更新していて楽しいし^^;

さて本題。
昨日のエントリに書きました、GOING UNDER GROUNDの「おやすみモンスター」
iPODに落として聴いています。
えーと。まず謝ります。ごめんなさい。
ゴーイングは洗練された宝石のような楽曲と引き替えに、ギターロックじゃない方向にどんどん進んでいくものと思ってました。
「かよわきエナジー」や「ホーム」のような、若くて荒くて可愛くて向こう見ずなゴーイングはもういないと思っていました。
ところがいざ蓋を開けたら、これまで培ってきたきれいなメロディと丹念なアレンジをきちんと生かしつつ、こんなにも若くて荒々しいギターのディストーションがぶわっと吹き上がってきました。

これが、ゴーイングの皆さんの本来目指していたことだったんだなと思うと同時に、ゴーイングが抱えていた問題は、ファンとはいえたかだか第三者の僕なんかでは計り知れないほど重かったんだなとため息が出ました。

今回、ギターがほぼ全曲に渡って縦横無尽に走っているのが一番印象的なんですが、丈さんのドラムの音がザリザリしているのが大きいと思います。
"h.o.p.s"や"TUTTI"では、お互いがお互いの音に配慮し合いながら1つの楽曲を構成している印象を受けるのですが、今回はもうちょっと5人それぞれが奔放にプレイしていると思います。
今回"VISTA"「ハミングライフ」が入っていないのは、配慮し合うモードで作っていたからだろうなと推測してみたり。

----------------------------------------------------------------------------------------------
p.s.
Excite Musicのインタビューで素生さんがおっしゃっていた
「じゃあ、何のために曲を作ってるんだ?」「オレたち5 人で歌っているんだ?」ってその意味が見出せないくらいに5人のレンズがボヤけちゃってた。

というのがちょっと面白かったです。
そういえば、"TWISTER"のカップリング「だけど僕らは知らない」でも「シュナイダーのレンズ」って出てきますね。

きっと、ゴーイングのレンズって、それぞれがメガネのようにかけているのではなくて、組み合わさって1つの景色を映しているのでしょうね。
だから1枚でもずれると、片ボケとか収差とかといった不具合となって現れるし。
[PR]

by maple-spica | 2007-11-08 23:54 | GOING UNDER GROUND